ディスコグラフィー

つるばむ[CD only]

[CD only]
PCCA.03281 価格:\3,150 (tax in)

オリジナルシングル2枚を含む
全13曲収録!!
【楽曲提供アーティスト】
東京スカパラダイスオーケストラ
岸谷香、KAN
真島昌利、KOHEI JAPAN etc…



【タイアップ楽曲】
♪「メダリスト」
フジテレビ系“柔道世界選手権2010東京”応援歌

♪「正直者」
(株)新学社「全家研ポピー」CMタイアップ曲( 石川遼出演)

♪「夏のわすれもの feat.東京スカパラダイスオーケストラ」
日本テレビ系“スッキリ”6月度EDテーマ、レコチョクTVCM

♪「はやぶさ」
テレビ朝日系”やじうまテレビ!〜マルごと生活情報局〜”テーマ曲

♪「オメデトウfeat.KOHEI JAPAN」
映画「うまれる」主題歌

♪「新しい明日へ」
日本テレビ系「Theサ ンデーNEXT」エンディングテーマ


つるばむ解説:
 昨年ソロ・アーティストとして、2枚のカバーアルバム『つるのうた』と『つるのおと』をリリースしたつるの剛士。PRINCESS PRINCESSやDREAMS COME TRUE、浜田省吾、KAN、GLAY、ゴダイゴ etc.…。女性ボーカルからバラード、ロックなど多彩な楽曲を歌いこなす歌唱力の高さと選曲の絶妙さで、ソロ・アーティストとしての存在感をいかんなく発揮し、『つるのうた』はオリコン週間1位、『つるのおと』は同2位、合計60万枚セールスという大ヒットを記録した。

 待望のオリジナル1stアルバム『つるばむ』は、多彩なアーティストのカバーという経験から「今度はいろんな方が僕に向けて書いてくださった楽曲を、シンガーとして歌いたい」という気持ちによって制作が始まった。楽曲を提供したのは、カバーが縁になったKANや岸谷香をはじめ、東京スカパラダイスオーケストラ、真島昌利(ザ・クロマニヨンズ)、KOHEI JAPAN、AIの「STORY」を手がけて知られるKENなど、実に豪華なアーティストたち。「ウワーってストレートに歌う曲、抑揚の付け方が大変な曲、アコギ1本でも歌える曲という風に、曲ごとに歌の質が全然違っていた。だから、歌い分けるのはすごく大変でした」と、つるのは話す。

 たとえば、先行シングルで「柔道世界選手権2010」の応援歌にもなった「メダリスト」は、突き抜けるような歌声が印象的。愚直なまでの生き様を歌った「正直者」は、歌詞とストレートなサウンド、歌が三位一体となった。そして真島昌利が提供した「死ぬまで夢を見る男」など、これらは“ウワーってストレート”の代表。どれも力強くすがすがしい歌声を聴かせる。“抑揚の付け方が大変だった”のは、「大きな夢 小さな声」や「オレンジ」「会いたくて」などのバラード系。本来ヘビーメタルなどのロックが好きなつるのにとってバラードはチャレンジだったそうだが、アルバムでは実に心に滲みる泣きの歌声を聴かせている。それも、昨年「M」などをカバーした経験が活かされたからとのことだ。

 50曲以上あった候補曲の中から選曲していく際には、「アコギ1本でも歌えるかどうか」ということも基準になった。つまり、歌心を意識した。アメリカンロックを思わせる泥臭いサウンドの「ありのまま」や、オーケストラをバックに歌う壮大なバラード「新しい明日へ」などは、アルバムではアレンジが加えられているが、アコギ1本でも素晴らしいことを想像させてくれる。また、「メダリスト」「正直者」「はやぶさ」「伝えたいこと」の4曲では、つるの自身が作詞を手がけた。つるのと言えば、家族思いで、不器用だけど真っ直ぐで、芯を持っていて…など、ストレートでシンプルな思考と温かいハートの持ち主というイメージがある。つるのが書いた詞は、そんな本人のキャラクターそのままだと言っていい。「僕は小難しいことは分からないから」と笑ったが、そこにはストレートでシンプルだからこそ伝わるものを感じてならない。

 ボーカリストとしても作詞の面でも、努力と持てる才能のすべてを惜しみなく注ぎ込んだ『つるばむ』という作品。楽曲の多彩さは、すなわち彼の魅力の幅広さそのもの。
「泣けたり、踊れたり、勇気が湧いたり、明日が楽しみになったり、いろんな感情が詰め込まれた一枚ですね。どの曲が皆さんの心に届いたか?一人一人にたずねて歩きたい。新人シンガーの1枚目としても、ふさわしいものになったと思います」
 熱いロック魂を全国に届けて話題になった、深夜ラジオ番組『BPR5000』(01年〜05年)でパーソナリティーを務め始めてから10年、決して失われることのなかった音楽への熱い想いから、ひとつの芽が生まれた。35歳の新人シンガー・つるの剛士は、ここからどんな花を咲かせていくのか? 今後が楽しみになるアルバムだ。
ライター榑林 史章

--------------------------------------------------------------------------------